【車のクインテッド】車の買い取りや値引情報をお伝え

軽自動車の中古が高い理由は?

軽自動車の中古車、最近高いですね。
最近と言ってもずいぶん前からですが。

 

ちょっと昔までは軽自動車の中古車と言えば、本当20〜30万円とか、
その位の今で言う破格が平均価格だったので、
ビックリですね。

 

でもなぜ今の軽自動車、こんなに高いのでしょうか?

 

その理由は中古市場の玉数に答えがあります。
中古市場の玉数は軽自動車に関してはめっきり少ないんですね。

 

玉数が少ないからと言って中古市場の価格が上昇するわけではない

 

もちろん、玉数が少ないからと言って、中古市場の価格が上昇するわけではありません。
それにプラスして、需要が高いから中古市場価格が上昇しているのです。
新車とほぼ変わらない価格で販売されていますもんね。
需要に対しての玉数が本当に好くないんだと思います。

 

そして驚くべきは最近の軽自動車の人気っぷりです。
昔の軽自動車は一度事故を起こしてしまうとこっぱみじん。
というほど、丈夫さがありませんでした。

 

しかし、車メーカーも頑張ったものですね。
昔とは比べ物にならないほど軽自動車の耐久性能が格段にアップしているんです。
そしてなんといっても維持費がかからない。

 

税金、重量税、車検、そこまで自分のお財布に影響を与えないくらい安いんですから、
そりゃあ普通車から軽自動車に乗り換える人も多くなります。

 

それと寿命も延びているので、中古市場に軽自動車が入ってこないんですね。
まあもう少し時間がたてば、中古市場でも軽自動車が溢れかえると思いますので、
価格の高騰は一時的なものと踏んでいます。